運命線

位置:掌の手首側の真ん中辺りから人差し指と中指の間にかけて

 

意味:運勢・仕事運を暗示する

 

運命線は掌の手首側の真ん中辺りから人差し指と中指の間にかけて伸びる線です。

 

男性ならば主に仕事運を、女性ならば主に家庭運と仕事運を表します。

 

さらに女性に表れている場合は、太ければ太いほど仕事を示しますし、細かく表れると家庭に入ることを示します。


左手は人間の内面を表し、そこに表れる運命線が指し示すものは、その人のやりがいです。

 

また右手は人間の外面を表し、そこに表れる運命線が暗示するのは、実社会においてその人が置かれている立場です。

 

太く強い運命線は果たして吉相なのか、というとそうとも言い切れない面があります。

 

なぜなら、そういった強力な運命線が暗示するもの、それは「どうしても働かなければならない状況」に陥ることです。

 

運命線の長さとしては中指の付け根からおよそ5mm程度まで伸びていると、人生の終盤まで満ち足りた生活を遅れることを示します。

 

これが中指の付け根まで伸びてしまうと、一転して「すごく反映するけど後に没落する」という暗示になってしまいます。

 

ただし、これが中指の指先まで伸びているとなると、「天下筋」と呼ばれる吉相となります。